垂れた胸に効果的な筋トレ|毎日5分!真似したくなるバストアップ術

垂れた胸には筋トレが有効!1日たった5分の簡単エクササイズで、上向きのバストを手に入れてみませんか?見た目も悲しい、垂れてしまった胸は、バストアップエクササイズが有効ですよ。エクササイズで、垂れ知らずの大きなバストを手に入れましょう。

やらなきゃ損!垂れ乳に効果的な筋トレ

垂れ乳に効果的なのは、胸の筋肉である大胸筋を鍛える筋トレです。とはいっても、普段運動していない人にとっては筋トレはハードルが高いですよね。運動が苦手な人でも大丈夫な、簡単楽々エクササイズもご紹介しますよ。筋トレの効果をより高めるマッサージについてもチェックしましょう!

毎日5分!自宅で簡単バストアップエクササイズ

たった5分でOKな、簡単バストアップエクササイズです。運動に慣れていなくても大丈夫ですので安心してくださいね。軽い運動で、大胸筋をしっかり鍛えることができますよ。

合掌のポーズ

合掌のポーズはチェストサンドとも呼ばれるポーズで、特別な道具は必要ありません。場所を取らないので、いつでもどこでも自分の好きな時にできるエクササイズですよ。

やり方は、両腕のひじを直角に曲げ、胸の前で手の平を合わせます。そのまま、手の平を左右同じ力で押し合いましょう。約15秒押しあったら、ゆっくりと力を抜きます。この動作を繰り返してください。簡単な動作ですが、大胸筋がしっかり刺激されていることが分かると思います。

骨盤底筋のエクササイズ

骨盤底筋は、骨盤の歪みを取り除き、身体のバランスを整える筋肉です。この筋肉を鍛えることで身体のラインが美しくなり、バストの位置を上に引き上げることができますよ。寝たままできるエクササイズなので、寝る前や起きてからの習慣にできるといいですね。

仰向けで寝た後、かかとをお尻に近づけるようにして膝を立てます。息をゆっくりと吸い、吐きながらお尻を浮かせましょう。このときの両手は床に伸ばした状態で、肩のあたりで身体のバランスを取るようにしてください。この動作で、骨盤底筋を鍛えることが出来ます。

壁を使った腕立て伏せ

普通の腕立て伏せは無理!という人は、壁を使って立ったまま腕の曲げ伸ばしをしてみましょう。壁から少し離れた所に立ち、腕立て伏せと同じように両手を肩幅に開いて壁に付けます。そのまま息をゆっくり吸いながら腕を曲げ、息を吐きながら腕を元に戻しましょう。

この時、腰や背中を曲げずにまっすぐにすることが大切です。普通の腕立て伏せよりも楽にエクササイズすることができますよ。

絶対真似したくなる!垂れ乳改善に最適筋トレ

もっと負荷があっても大丈夫!もっと大胸筋を鍛えたい!という人は、次の方法を試してみましょう。

チューブを使った筋トレ

チューブ(ゴムバンド)使った筋トレをご紹介します。胸の筋肉を鍛えて、垂れ乳を改善、そして防止することができますよ。

まず、チューブを壁に固定します。固定する高さは、軽く膝を曲げた時の肩の位置くらいです。

次に、どちらかの足を前に出して膝を軽く曲げます。チューブを両手に持ち、そのまま胸を開いた状態でチューブごと前方に腕を伸ばします。伸ばし終わったら、ゆっくりと元の姿勢に戻って下さい。

腕立て伏せで垂れ乳改善

腕立て伏せは、腕の筋肉だけではなく大胸筋も鍛えることができます。腕を肩幅に広げて手の平を床に付け、背中のラインをまっすぐにして腕立て伏せをしましょう。勢いをつけるのではなく、ゆっくりと筋肉を意識しながら腕の曲げ伸ばしをします。腕の力に自信が無い人は、膝を床に付けて腕立て伏せをすると、軽い力で出来ますよ。この時も、お尻から肩までのラインをまっすぐにするように意識して行いましょう。

ダンベルで筋力アップ

ダンベルを使うエクササイズと聞くと敬遠しがちですが、重いダンベルを使う必要はありません。500mLのペットボトルをダンベル代わりすることもできます。ダンベルを持ったまま仰向けになり、息を吐きながらダンベルを胸の上に持ち上げます。この時、ひじをしっかり伸ばしましょう。ダンベルを降ろす時は、息を吸いながらゆっくりと下げていきます。大胸筋が鍛えられているのを意識しながらエクササイズをしましょう。

継続が大切!筋トレ後のマッサージもおすすめ

筋トレは継続することが大事ですが、酷使しすぎると筋肉を痛める原因になります。筋肉を使ったあとは、マッサージをして筋肉の疲れをほぐしてあげましょう。

簡単バストアップマッサージ

最初に、胸の中心をさすって刺激します。鎖骨の真ん中からみぞおちにかけて、右手と左手を交互に動かしながら下にむかってさすります。次に、手の平全体を使って、バストを持ち上げるように下から上へさすってください。最後に、左手は右のバストの上側に、右手は右バストの下側に置いて、両手でバストを包み込むように持ちましょう。このまま、同時に手を動かしてさすります。この動作を左右3回づつ繰り返して下さい。強くこする必要はありません。優しくさすってくださいね。3回さするのを1セットとし、1日3セット行いましょう。

もっとバストアップマッサージ

マッサージで脇の下のリンパの流れを良くし、更に大胸筋も刺激してみましょう。左手の指4本を右胸の上側に当てて、らせんを描くように内側から脇の下に向かって動かします。次に、バストに溜まった老廃物を脇の下に流すようなイメージで、バストの下側から脇の下に向かって指を動かします。最後に両手でバストを引き上げるように、下から上に向かって軽く指先で10秒ほど叩いて刺激します。左右同じ回数を3回繰り返しましょう。3回のマッサージを1セットとし、1日3セットやってください。

バストアップのツボもやってみよう

マッサージも効果的ですが、実はバストアップのツボもあります。マッサージと一緒に、バストアップのツボも刺激してみましょう。

女性ホルモンの働きを強めてバストアップ効果を高めるのが、「壇中(だんちゅう)」というツボです。このツボは、左右のバストトップを結んだ線のちょうど真ん中に存在します。軽い力で押してみて、痛みを感じる場所が壇中です。指先でゆっくりと3秒かけてツボを押し、ゆっくりと力を抜いて指を離して下さい。1日で5回押すと良いでしょう。

筋トレで上向きバストを手に入れよう!

バストの垂れは、何としてでも改善させたいですよね。垂れ乳を改善させ、上向きのバストを手に入れるためには、筋トレが効果的です!筋トレといっても、1日たった5分でできる簡単エクササイズで十分です。バストアップマッサージも上手く取り入れて、筋肉の疲れをほぐしながら毎日続けてみましょう。